天気予報を見る
 
新聞購読申込

青く澄んだ海ピンク色に/サンゴ産卵、鹿児島・加計呂麻

2018/06/07 03:52

 一斉に産卵する鹿児島県・加計呂麻島沖のサンゴ=2日夜(興克樹さん撮影)
 一斉に産卵する鹿児島県・加計呂麻島沖のサンゴ=2日夜(興克樹さん撮影)

 青く澄んだ「実久ブルー」の海で知られる鹿児島県・加計呂麻島の実久集落の沖で今月、サンゴの一斉産卵が確認された。精子と卵子の入った「バンドル」と呼ばれる直径0・5ミリほどのカプセルが放出されて漂い、一帯の海がピンク色に染まった。産卵は9月ごろまで続く。

 加計呂麻島は大島海峡を挟んで奄美大島の南側に位置する。産卵の様子を撮影した奄美市の奄美海洋生物研究会会長興克樹さん(47)によると、集落沖の深さ約5メートルの海底で、約10種類のサンゴが産卵しており「前が見えないほど見ごたえがあった」という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.