天気予報を見る
 
新聞購読申込

高野山ケーブルカーに新造車両/半世紀ぶり、朱色の外観に木材

2018/06/06 19:10

 南海電気鉄道が約半世紀ぶりに新造する高野山ケーブルカーの車両イメージ
 南海電気鉄道が約半世紀ぶりに新造する高野山ケーブルカーの車両イメージ

 南海電気鉄道は6日、高野山ケーブルカーの車両を約半世紀ぶりに新造する計画概要を発表し、デザインを公開した。世界遺産、高野山(和歌山県)の寺院の建物をイメージした朱色を外観に採用するほか、内装に木材を使って「癒やし」を演出する。外国人観光客の利用が増えており、車両の新造でさらなる誘客を図るのが狙い。来年3月初旬に運行を始める。

 2両編成で、定員は1編成181人になる。2編成新造し、巻き上げ機などの設備も刷新、総投資額は約15億円だ。座席に木製の格子状の背もたれを配置し、車いす用のスペースも新設する。大型の窓ガラスから四季折々の景色を楽しめるようにする。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.