天気予報を見る
 
新聞購読申込

ベルギー「猫祭り」に数万人/中世の虐待記憶に

2018/05/14 09:42

 13日、ベルギー・イーペルで行われた「猫のパレード」で、観光客らでごった返す市中心部を練り歩く猫の張りぼて(共同)
 13日、ベルギー・イーペルで行われた「猫のパレード」で、観光客らでごった返す市中心部を練り歩く猫の張りぼて(共同)

 【イーペル共同】ベルギー北西部の小都市イーペルで13日、中世欧州の猫虐待の歴史を忘れないようにするため、猫に仮装した市民や猫の張りぼてが市中心部を練り歩く3年に1度の「猫のパレード」が行われ、日本からのツアー客多数を含む数万人の猫好きが集まった。

 中世に毛織物輸出で栄えたイーペルでは、商品をネズミに荒らされないよう倉庫で飼っていた猫が必要以上に繁殖。中世から19世紀まで多くの猫が、現在は市庁舎として使われる毛織物産業の拠点の壮麗な建物から投げ落とされ、殺された。猫を魔女の使いとみる迷信が背景にあるとされる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.