天気予報を見る
 
新聞購読申込

高崎山の赤ちゃんザル「ソダネ」/公募結果踏まえ命名

2018/05/12 17:21

 大分市の高崎山自然動物園で生まれ「ソダネ」と命名された雌の赤ちゃんザル(下)=11日(同園提供)
 大分市の高崎山自然動物園で生まれ「ソダネ」と命名された雌の赤ちゃんザル(下)=11日(同園提供)

 野生ニホンザルの餌付けで知られる大分市の高崎山自然動物園は12日、今年最初に生まれた雌の赤ちゃんザルの名前を、公募結果を踏まえて「ソダネ」に決めた。平昌冬季五輪カーリング女子で銅メダルを獲得した、LS北見の選手らの相づちにちなんだもの。同園の江川順子さん(42)は「みんなに愛されソダネ」と、名前に引っかけて喜びを語った。

 同園は2013年から、各年の誕生第1号となったサルの名前を、来園者らから募っている。今回は1517票の応募があり、最多は同五輪でフィギュアスケート男子2連覇の羽生結弦選手から取った「ユヅル」の50票。次点が33票の「ソダネ」だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.