天気予報を見る
 
新聞購読申込

最も遅い桜開花、北海道/稚内と釧路で

2018/05/12 12:03

 北海道釧路市の公園で開花した、標本木のエゾヤマザクラ=12日午前
 北海道釧路市の公園で開花した、標本木のエゾヤマザクラ=12日午前

 気象庁は12日、北海道稚内市と釧路市でエゾヤマザクラが開花したと発表した。気象庁の全国の観測地点で最も遅い桜の開花。3月15日に高知市で最も早くソメイヨシノの開花が確認されてから約2カ月後となった。

 稚内地方気象台によると、12日午前9時半すぎ、稚内市の天北緑地にある国内最北の標本木で、6輪ほどが咲いているのを職員が確認した。平年より2日早く、昨年より3日遅かった。釧路地方気象台も午前10時すぎ、釧路市の鶴ケ岱公園の標本木で開花を確認。平年より5日早く、昨年より2日早かった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.