天気予報を見る
 
新聞購読申込

米富豪美術品の競売、910億円/ロックフェラー家、最高額

2018/05/12 11:46

 ロックフェラー夫妻の美術品の競売で、1億1500万ドルで落札されたピカソ作の「花かごを持つ少女」(クリスティーズ提供・共同)
 ロックフェラー夫妻の美術品の競売で、1億1500万ドルで落札されたピカソ作の「花かごを持つ少女」(クリスティーズ提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米富豪ロックフェラー家の銀行家、故デービッド・ロックフェラー夫妻の美術品を売却する競売がニューヨークで今月開かれ、主催者の競売会社クリスティーズは11日、落札総額が約8億3260万ドル(約910億円)に上ったと発表した。同社は個人コレクターの収集品の競売としては過去最高額としている。

 AP通信によると、フランスの世界的服飾デザイナー故イブ・サンローラン氏の遺産の落札額4億8400万ドルがこれまでの最高額だった。

 競売にはアンティーク家具や絵画など約1500点が出品され、ピカソ作の「花かごを持つ少女」は1億1500万ドルで落札された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.