天気予報を見る
 
新聞購読申込

コウノトリの卵を交換、兵庫/野外初、遺伝的多様性を狙う

2018/05/11 18:23

 「托卵」が実施された野外の巣=11日、京都府京丹後市(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)
 「托卵」が実施された野外の巣=11日、京都府京丹後市(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)

 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)は11日、京都府京丹後市の野外で生まれたコウノトリの卵を、別のつがいの卵と交換して子育てさせる「托卵」を実施した。

 同公園によると、コウノトリの野外での托卵は世界初という。コウノトリは親の数が限られるため近親婚が多い。卵を換えることで近親婚を回避し、遺伝的多様性を高めるのが狙いだ。

 京丹後市の野外で営巣しているのは、同じ親から生まれたつがい。11日午前11時半ごろ、研究員らが同公園の施設で生まれた血縁関係のない卵と交換した。すぐに卵を温め始めたという。

 近親婚で生まれた卵は同公園の施設に持ち帰り、ふ化を試みる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.