天気予報を見る
 
新聞購読申込

解体前に「希望の木」移植へ作業/浜風の家のシンボル

2018/05/10 17:18

 堺市への搬出に向け掘り起こされた、浜風の家のシンボル「希望の木」=10日午後、兵庫県芦屋市
 堺市への搬出に向け掘り起こされた、浜風の家のシンボル「希望の木」=10日午後、兵庫県芦屋市

 阪神大震災の遺児の支援を目的に作家の故藤本義一さんらが呼び掛けて設立された兵庫県芦屋市の児童館「浜風の家」が解体されるのを前に、シンボルで「希望の木」と名付けられたクスノキが10日、堺市への移植に向け掘り起こされた。18日から建物の解体工事が始まる。

 浜風の家を運営していた社会福祉法人のぞみ会が木を生かし続けようと藤本さんの出身地である堺市に打診。防災拠点となっている広場に移植される。

 10日は午前9時ごろから約6時間かけて高さ約7メートルの木を掘り起こし、トラックの荷台に載せた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.