天気予報を見る
 
新聞購読申込

会社員向け住民税通知を電子化へ/総務省が検討、20年度ごろ

2018/02/13 17:14

 会社員らが毎年受け取る住民税の通知書が、2020年度ごろに電子化される方向となった。今は居住地の自治体が通知書を作成、勤務先を通じて配っているが、企業側の事務負担が重く、経済界からペーパーレス化を求める声が上がっていた。総務省が検討を進めており、個人が希望すれば引き続き書面で受け取り可能にする考えだ。

 対象はパートやアルバイトを含め、給与から住民税が天引きされている約3900万人。

 自治体は、前年の給与を基に個人住民税額を算出し、5月ごろに控除の状況や毎月の納付額を記載した通知書を企業へ送付。企業は各従業員に配り、6月から新たな税額を天引きしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.