天気予報を見る
 
新聞購読申込

復興へコチョウラン栽培、福島/葛尾村で7月初出荷目指し

2018/01/12 17:34

 福島県葛尾村の施設で栽培が始まったコチョウラン=12日
 福島県葛尾村の施設で栽培が始まったコチョウラン=12日

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が大部分で解除された福島県葛尾村で12日、コチョウランの栽培が始まった。村は農業復興の目玉事業と位置付けており、今年7月の初出荷を目指す。

 県の交付金を活用し、役場近くの計約2千平方メートルに栽培施設を建設。村内の農家らでつくった農業法人が、台湾などから輸入した苗を約半年間栽培し、主に贈答用として出荷する。年間で約4万8千株の生産を見込む。

 この日は農業法人のメンバーらが、施設に届いた苗を作業台に次々と並べていった。杉下博澄さん(36)は「元気な葛尾村の日常を取り戻せるよう、地域ぐるみで取り組みたい」と力を込めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.