天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

香川の「年明けうどん」好評/全国普及狙う業界

2009/01/11 16:43

 年明けと同時に善通寺で配られたうどん=1日、香川県善通寺市
 年明けと同時に善通寺で配られたうどん=1日、香川県善通寺市

 年越しそばならぬ「年明けうどん」を15日まで食べてもらおうと、全国で売り出す動きが広がっている。仕掛けているのは香川県の製めん業界。「正月で食べ過ぎたおなかにちょうどいい」と意外に好評だ。

 首都圏のJR駅構内にある約100のそば店では、白いうどんにもみじおろしで赤を添えて「紅白」を意識したメニューなどを年明けうどんとして販売。東京駅の1店舗は、元日のうどんの売り上げが前年比2割アップした。

 大手コンビニも全国で年明けうどん商品を用意。1−3日にかき揚げうどんを販売したファミリーマートは、好調な売れ行きに早くも来年の発売を検討している。

 「年越しはうどん」が“常識”の香川県はさらに熱が入る。ジャスコ高松店では年末から特設コーナーを設置し、贈答用うどんの売り上げが前年より1割増えた。

 香川県善通寺市の善通寺が年明けと同時に配ったうどん2000食には長い列ができ、あっという間になくなった。千葉市から地元に帰省中の大前京子さん(45)は「お正月にうどんは欠かせない」と楽しそう。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.