天気予報を見る
 
新聞購読申込

7割が外国人旅行者苦手/利用なかった宿泊業者

2008/10/09 16:41

 総務省は9日、2007年に日本を訪れた外国人旅行者が宿泊しなかった旅館やホテルなどの宿泊業者のうち72・3%が、外国人に「(今後も)宿泊してほしくない」と回答したとする意識調査結果を発表した。

 調査は外国人の受け入れ環境に関する政策評価の一環。約1万6000の宿泊業者に郵送でアンケート、43・9%から回答があった。

 その結果、外国人の「宿泊があった」のは62・2%、「なかった」のは37・8%だった。宿泊がなかった業者に今後の外国人の受け入れ希望を聞いたところ、24・9%が「宿泊してほしい」としたが、72・3%が「宿泊してほしくない」、残りは「不詳」だった。

 受け入れたくない理由(複数回答可)としては(1)「外国語対応ができない」が75・7%(2)「施設が外国人旅行者向きでない」が71・8%(3)「問題が発生したときの対応に不安がある」が63・4%−だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.