天気予報を見る
 
新聞購読申込

メード姿で「畳」PR/業界団体、チーム発足

2007/05/24 19:47

 畳の魅力をPRするため作られたギター、ネクタイ、エプロンなどの製品=24日午後、京都市中京区の京都国際マンガミュージアム
 畳の魅力をPRするため作られたギター、ネクタイ、エプロンなどの製品=24日午後、京都市中京区の京都国際マンガミュージアム

 「畳ネクタイ」や食物繊維が豊富な「い草青汁」−。日本の伝統である「畳」を自由な発想でPRしようと、畳職人らでつくる全国畳産業振興会(京都市南区)が24日、京都市中京区の京都国際マンガミュージアムで記者会見。畳製のエプロンを身に着けたメード姿の女性らが、畳を使ったユニークな製品を紹介した。

 同振興会によると、国内の畳需要は1989年の約5000万枚から2005年には約2100万枚に激減。「このままでは畳が消える。外部の発想で新市場を生み出したい」と漫画家の牧野圭一氏や京都市の門川大作教育長らを招き、「畳新市場開拓プロジェクトチーム」を発足させた。

 今後は一般からも意見を募集。9月24日の「畳の日」に合わせて新製品を発表するという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.