天気予報を見る
 
新聞購読申込

英で福島県農産物の安全アピール/日本酒やコメ紹介

2019/06/12 10:49

 11日、在英日本大使館で開かれた国際機関の会合で福島県産の食品などを試食する参加者ら=ロンドン(共同)
 11日、在英日本大使館で開かれた国際機関の会合で福島県産の食品などを試食する参加者ら=ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】ロンドンの在英日本大使館で開かれた国際機関の会合で11日、東京電力福島第1原発事故が起きた福島県の食品の安全性や質の高さを伝えようと、日本酒やコメなどが振る舞われた。

 穀物貿易に関する国際協力を推進する「国際穀物理事会」の創設70周年を祝う会合で鶴岡公二駐英大使は、原発事故からの復興が進む福島県で「素晴らしい農産物が生産されている」と紹介。県産品の安全性を入念に確認していると強調した。

 会合では県産米を使ったすしや桃ジュース、米こうじで作った飲料、かりんとうなどの試食を実施。福島以外に、静岡県産のメロンや沖縄県の泡盛も振る舞われた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.