天気予報を見る
 
新聞購読申込

水族館で枯死危機越えラン初開花/福島・いわき、震災で温室損壊

2019/05/22 18:05

 東日本大震災で被災した福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしまで開花した通称タイガーオーキッドと呼ばれる種のラン=22日午後
 東日本大震災で被災した福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしまで開花した通称タイガーオーキッドと呼ばれる種のラン=22日午後

 東日本大震災で被災した福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしまで、約20年にわたって育てられてきた東南アジア原産の貴重なランが初めて開花した。震災でランが植えられていた温室が損壊。温度管理ができなくなる状態が数カ月間続き、枯れてしまう危険性もあった。

 同水族館によると、このランは黄の花びらに赤褐色の斑点があり、トラのように見えることから通称タイガーオーキッドと呼ばれる種。高さが7メートルにもなる世界最大のランだという。

 水族館職員の吉村光太郎さんは「震災を乗り越えてやっと咲いてくれた。つぼみが数十個あるのでこれからが見頃になりそうだ」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.