天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島・小名浜港でカツオ初水揚げ/初夏の味覚の到来

2019/05/16 10:03

 今シーズン初めて、小名浜港に水揚げされたカツオ=16日午前、福島県いわき市
 今シーズン初めて、小名浜港に水揚げされたカツオ=16日午前、福島県いわき市

 東日本大震災の津波で大きな被害が出た福島県いわき市の小名浜港に16日、今シーズン初めてカツオが水揚げされた。初夏の味覚の到来に、港は漁業関係者の活気に包まれた。

 同市の巻き網漁船3隻が15日昼、同港の東約250キロの沖合でカツオ約2・5トンを取り、巻き網運搬船第33寿和丸が16日早朝に小名浜港に水揚げした。重さ2キロ前後の中・小型が中心で、1キロ当たり150〜550円で取引された。ほぼ例年並みの価格だという。

 いわき市水産課によると、震災前、同市のカツオの水揚げは全国有数だったが、近年は風評被害などの影響で震災前の1割程度にとどまっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.