天気予報を見る
 
新聞購読申込

噴火逆手に桜島アピール/鹿児島市、観光にも活用

2019/05/16 05:14

 鹿児島市が制定したロゴマーク
 鹿児島市が制定したロゴマーク

 活火山の桜島がある鹿児島市が、噴火を市のロゴやPRアニメ動画に活用してアピールしている。降り積もった灰の掃除に煩わされるなど「負のイメージ」を持たれそうな噴火を逆手に取り、地域資源として親しみを持ってもらい、観光にも活用する戦略だ。

 市は桜島の火口から噴煙が湧き上がる様子をイメージしたロゴマークを3月末に制定し、広報チラシなどに使用。ブランドメッセージを「あなたとわくわくマグマシティ」とし、噴煙が「湧く」のに引っ掛けた。「おおらかで温かく、時にマグマのように熱い市民の心」を表現したという。

 担当者は「魅力を発信して鹿児島ファンを増やしたい」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.