天気予報を見る
 
新聞購読申込

長崎の高校生、平和大使に選出/「原爆被害の実相を世界に」

2019/05/15 20:30

 長崎県から「高校生平和大使」に選出された(左から)内山洸士郎さん、田平彩乃さん、橋田晏衣さん=15日午後、長崎市
 長崎県から「高校生平和大使」に選出された(左から)内山洸士郎さん、田平彩乃さん、橋田晏衣さん=15日午後、長崎市

 広島、長崎両市の市民団体「高校生平和大使派遣委員会」は15日、8月にスイス・ジュネーブの国連欧州本部へ核兵器廃絶署名を届ける「高校生平和大使」のうち、長崎県から選出された3人を発表した。3人は長崎市内で記者会見し「原爆被害の実相を世界に伝えたい」と抱負を語った。

 選ばれたのは、いずれも高校2年で、県立長崎北陽台高の田平彩乃さん(16)、私立活水高の橋田晏衣さん(16)、私立鎮西学院高の内山洸士郎さん(16)。

 平和大使の国連機関への派遣は1998年に始まり、今年で22代目。全国で選考会を開いており、6月初旬ごろに全メンバー23人が決まる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.