天気予報を見る
 
新聞購読申込

気象庁3カ月予報、梅雨は遅めか/降水量、気温とも平年並み

2019/04/24 15:32

 神奈川県鎌倉市「明月院」のアジサイ=2018年6月
 神奈川県鎌倉市「明月院」のアジサイ=2018年6月

 気象庁は24日、5〜7月の3カ月予報を発表した。北日本から西日本にかけて降水量や気温はほぼ平年並み。梅雨前線の北上が平年より遅くなる見通しで、沖縄・奄美は降水量が平年並みか多く、気温も平年並みか高くなりそうだ。

 気象庁によると、エルニーニョ現象が夏にかけて続き、太平洋高気圧の張り出しがフィリピン方面で強くなる一方、日本付近で弱くなりそうだ。このため梅雨前線の北上が遅れ、沖縄・奄美で梅雨が長引く見通し。一方、東日本(関東甲信、北陸、東海)や西日本(近畿、中国、四国、九州)では平年より梅雨入りが遅くなる可能性がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.