天気予報を見る
 
新聞購読申込

ふるさと納税で修復へ、北海道/火災被害の夕張市博物館

2019/04/22 16:46

 北海道夕張市石炭博物館の模擬坑道で18日に発生した火災を受け、市は22日までに坑道修復を目的として、ふるさと納税の募集を始めた。坑内の煙は注水作業により収まったが、鎮火は確認されておらず、営業再開の見通しは立っていない。

 模擬坑道は実際に石炭が掘られた跡で、国の登録有形文化財に指定されている。昨年1年間で3万人余りが訪れ、観光の目玉施設となっている。

 夕張市は全国唯一の財政再生団体で、多額の費用が見込まれる修復を自力で行うのは困難と判断し、ふるさと納税の活用を決めた。同市は「修復には多くの時間や資金が必要だ。温かい支援をいただきたい」と呼び掛けている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.