天気予報を見る
 
新聞購読申込

中部空港、旅客数過去最高/18年度、新規就航増え

2019/04/22 16:34

 中部国際空港会社(愛知県常滑市)は22日、2018年度の旅客数が1235万6882人と7年連続で増加し、過去最高になったと発表した。これまでは開港直後の05年度の1235万1727人だった。アジアを中心とした増便に加え、格安航空会社(LCC)の新規就航が増えたことが寄与した。

 当初目標としていた1300万人には届かなかった。国際線の旅客数は過去最高の609万9796人となり、5年連続で増加した。国内線は625万7086人と4年連続で増えた。

 昨年10月に開業した新複合施設「フライト・オブ・ドリームズ」の来場者数は3月末で80万人を超えたとも発表した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.