天気予報を見る
 
新聞購読申込

熱戦「人間将棋」に沸く、山形/駒生産日本一の天童市

2019/04/20 17:14

 よろいかぶと姿などの高校生を駒に見立て行われた「人間将棋」。満開の桜の下、熱戦が繰り広げられた=20日午後、山形県天童市
 よろいかぶと姿などの高校生を駒に見立て行われた「人間将棋」。満開の桜の下、熱戦が繰り広げられた=20日午後、山形県天童市

 将棋駒の生産量日本一を誇る山形県天童市で20日、よろいかぶと姿などの高校生を駒に見立て、プロ棋士が対局する恒例の「人間将棋」が行われた。汗ばむ陽気の下、満開の桜に囲まれた約15メートル四方の巨大な将棋盤で、熱戦が繰り広げられた。

 対局したのは宮宗紫野女流二段と加藤結李愛女流2級。「おぬしの考えは分かっておる」「悩ましいのう」などと声を出しながら武者駒を動かし、会場を盛り上げた。142手で宮宗女流二段が勝利すると、会場から大きな拍手が起きた。

 東京都小金井市の会社員西田明宏さん(55)は初めての観戦に「ダイナミックで楽しかった」と満足した様子だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.