天気予報を見る
 
新聞購読申込

長崎で帆船まつり開幕/国内外の6隻が優雅に入港

2019/04/18 17:39

 「長崎帆船まつり」が始まり、長崎港に入港する帆船=18日午後、長崎市(共同通信社ヘリから)
 「長崎帆船まつり」が始まり、長崎港に入港する帆船=18日午後、長崎市(共同通信社ヘリから)

 国内外の帆船が春の長崎港に集う「長崎帆船まつり」が18日、長崎港(長崎市)で始まった。音楽隊の演奏が鳴り響く中、日本とロシア、韓国の帆船6隻が沖合から列になって入港すると優雅な雰囲気に包まれ、市民や観光客らが船員に手に持った旗を振って出迎えた。期間は今月22日まで。

 長崎市などでつくる実行委員会が主催して毎年開催し、今回で20回目。参加した6隻には独立行政法人海技教育機構(横浜市)の練習船で、日本最大の帆船「日本丸」(2570トン)や、ロシアの「ナジェジュダ」(2297トン)、韓国の「コリアナ」(135トン)などが含まれる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.