天気予報を見る
 
新聞購読申込

キックボードを交通手段に/浜松など5市町とベンチャー連携

2019/04/18 17:21

 浜松市など5市町は18日、電動キックボードのシェアリング(共有)サービスを開発しているベンチャー企業Luup(ループ、東京)と連携協定を結んだ。街頭に置いたキックボードを手軽な交通手段として、住民や観光客らが共同利用する仕組みの実証実験を目指す。実用化の時期は未定としている。

 キックボードは足で地面を蹴って加速し、手元のアクセルをひねると最高時速19・5キロで前進する。料金は1回100〜200円程度を想定。将来的に住宅からバス停までの移動や、訪日客の観光に活用したい考えだ。

 他に協定を結んだのは埼玉県横瀬町、東京都多摩市、三重県四日市市、奈良市。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.