天気予報を見る
 
新聞購読申込

東独の人気キャラ登場から50年/「信号男」日本でも商品

2019/03/25 08:32

 アンペルマングッズを販売する店舗=ベルリン(共同)
 アンペルマングッズを販売する店舗=ベルリン(共同)

 【ベルリン共同】冷戦時代、東ドイツの首都だった東ベルリンに、帽子姿の男性をデザインした「アンペルマン(信号男)」の歩行者用信号機がお目見えして50年を迎えた。東ドイツの製品は多くが姿を消したが、アンペルマンは統一ドイツの首都になった「ベルリンの顔」として残り、市民や観光客に愛される存在に。日本でも関連グッズが販売されている。

 歩行時は黄緑に、停止時には真っ赤に点灯するアンペルマン。東ドイツで交通安全行政に携わった心理学者の故カール・ペグラウ氏が考案し、1969年に1号機が東ベルリンの目抜き通りに登場した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.