天気予報を見る
 
新聞購読申込

銀座に認証食材のレストラン/東京五輪で注目、20日オープン

2019/03/19 17:10

 グランイート銀座で提供される、「GAP」認証の食材を使った肉料理=19日、東京都中央区
 グランイート銀座で提供される、「GAP」認証の食材を使った肉料理=19日、東京都中央区

 農産物の生産管理の徹底ぶりを示す「GAP(ギャップ)」認証を取得した農場の食材をメインに使ったレストラン「グランイート銀座」が20日に東京・銀座(中央区)でオープンする。2020年東京五輪・パラリンピックの選手村などで提供する料理にはGAP認証を受けた食材を使うことが基準となっており、取得農家の拡大や知名度向上が求められている。

 報道関係者向けに19日、店内が公開された。同店の食材は約9割がGAP認証。店舗を運営する「グランイート」(東京)の武田泰明最高経営責任者(CEO)は「GAPに取り組む農家と消費者の懸け橋にしたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.