天気予報を見る
 
新聞購読申込

国民生活センター「アポ電」例示/HPで公表、注意を呼び掛け

2019/03/18 19:22

 振り込め詐欺や強盗グループが、被害者の情報を事前に把握する目的でかけるアポ電(アポイントメント電話)について、国民生活センターは18日、寄せられた相談事例をホームページで公表し、注意を呼び掛けた。

 センターはアポ電の例として、消防署の職員を名乗る人物の電話を受けた女性の話を紹介。「『1人暮らしか』と聞かれ、『はい』と答えてしまった。『何の用か』と聞くと『災害時にすぐに救助できるよう確認している』と言われた」

 テレビの制作会社を名乗る人物が、70代の女性に電話をかけ「所得は500万より上ですか」と質問したケースもあった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.