天気予報を見る
 
新聞購読申込

消費者庁、LINE被害相談検討/若者の積極利用狙い

2019/03/18 16:47

 悪質商法や詐欺といった消費者トラブルについて、消費者庁が無料通信アプリLINE(ライン)や会員制交流サイト(SNS)の文章メッセージで相談できる窓口の設置を検討していることが18日、分かった。電話よりSNSを使い慣れた若者に積極的に利用してもらう狙い。自殺やいじめ相談ではSNSでのやりとりを受け付ける窓口もあるが、財産被害の相談では例がない。

 徳島県庁内にある「消費者行政新未来創造オフィス」に研究会を設置し、今月27日から議論を開始する。まず地域限定で導入し、その後、全国に広げていく考え。2020年度予算への窓口設置費用計上を目指す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.