天気予報を見る
 
新聞購読申込

消費者被害に「不安」64%/成人年齢引き下げで内閣府調査

2019/03/15 17:32

 内閣府は15日付で、2022年4月に始まる成人年齢の引き下げに関する世論調査の結果を発表した。16〜22歳の世代で、悪質商法などの消費者被害に遭うかもしれないとの不安を「感じる」との答えは25・0%で「どちらかといえば感じる」の39・2%と合わせて64%余りに上った。

 20歳から18歳に成人年齢が引き下げられた後は18、19歳で親の同意なしに契約を結んだり、ローンを組んだりできる。

 不安に感じる理由を複数回答で尋ねると「どのような被害に遭うか分からない」が最も多く59・4%。「契約や取引に関する法律や制度を詳しく知らない」は58・9%だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.