天気予報を見る
 
新聞購読申込

コビトカバの赤ちゃん誕生、大阪/展示施設「ニフレル」で

2019/02/23 15:14

 大阪府吹田市の生き物の展示施設「ニフレル」で生まれたコビトカバの赤ちゃん(手前)=22日(同施設提供)
 大阪府吹田市の生き物の展示施設「ニフレル」で生まれたコビトカバの赤ちゃん(手前)=22日(同施設提供)

 大阪府吹田市の生き物の展示施設「ニフレル」は23日、絶滅の恐れがあるコビトカバの雄の赤ちゃんが21日に生まれたと発表した。体長46センチ、体重6・4キロで、母親の後を追って元気に歩き回ったり、親子で昼寝をしたりする様子を館内のモニターで公開している。

 同施設によると、赤ちゃんは、チリの動物園から来た父親モトモト(5歳)と、シンガポールの動物園から来た母親フルフル(6歳)の間に生まれた。

 コビトカバは、野生では西アフリカなどで約2千〜2500頭しか生息していないといい、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種となっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.