天気予報を見る
 
新聞購読申込

JR西、新型車両227系試乗会/IC改札機搭載

2019/02/23 16:16

 和歌山駅に停車したJR西日本が導入する新型車両227系=23日午前
 和歌山駅に停車したJR西日本が導入する新型車両227系=23日午前

 JR西日本は23日、近畿地方で初めて3月中旬に導入する新型車両227系の試乗会を和歌山線の和歌山―橋本間で実施し、到着後に橋本駅のホームで一般向けの展示会を開いた。車内にIC改札機があり、2020年春から利用できるようになる予定だ。ICカードが使えない無人駅などでの利便性向上が期待される。

 新型車両は桜井線(奈良―高田)と和歌山線(王寺―和歌山)で全56両が順次導入される。

 奈良、和歌山両県に共通する自然の奥深さなどを表現した緑色を車体に使用。バリアフリーのトイレや、英語対応の案内表示もある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.