天気予報を見る
 
新聞購読申込

地下鉄車両を再利用の自販機登場/銀座線駅に「世界で一つ」

2019/02/22 08:36

 溜池山王駅に登場した、引退した車両の部品を再利用した自動販売機(東京メトロ提供)
 溜池山王駅に登場した、引退した車両の部品を再利用した自動販売機(東京メトロ提供)

 東京メトロ銀座線の溜池山王駅に22日、引退した車両の部品を再利用した「世界でたった1台」という自動販売機が登場した。デザインには、銀座線カラーのオレンジ色の帯があしらわれ、先頭車両をイメージし、ライトも付けられた。現役車掌の声を使った案内音声も流れる。

 東京メトロによると、再利用されたのは、営団地下鉄時代の1984年にデビューし、2017年3月に営業運転を終了した「銀座線01系」の車両部品。行き先表示は「溜池山王」とし、「一人一人と向き合う」との意味を込め、取り付けた銘板には定員が「1人」と記された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.