天気予報を見る
 
新聞購読申込

部分休暇を「小6の子まで」拡大/奈良市が条例改正案

2019/02/21 18:23

 奈良市は21日、育児支援のため、小学6年までの子どもがいる職員に1日最大2時間まで部分休暇を認める条例改正案を公表した。総務省や市によると、小3を上限に同様の制度を設けている自治体はあるが、小6まで拡大するケースは珍しい。近く議会に提出し、4月施行を目指す。

 市によると、行政の一般職などが対象。年間の利用上限はなく、30分単位で取得できる。部分休暇分は無給となる。これまでは法律に基づき6歳が上限で、拡充を求める声が上がっていた。

 仲川げん市長は記者会見で「家庭状況に応じて制度を利用してもらえれば良いのではないか」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.