天気予報を見る
 
新聞購読申込

ロンドン大で日本酒シンポジウム/酒造りは「日本の文化」

2019/02/21 10:34

 シンポジウム後、参加者と話す宮城県の醸造元「佐浦」の佐浦弘一社長(右)=20日、ロンドン(共同)
 シンポジウム後、参加者と話す宮城県の醸造元「佐浦」の佐浦弘一社長(右)=20日、ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】日本酒の伝統や世界での消費拡大の展望について多角的に議論するシンポジウムが20日、ロンドン大の東洋アフリカ学院(SOAS)で開かれた。パネリストとして参加した宮城県の「浦霞」の醸造元「佐浦」の佐浦弘一社長は「酒造りのビジネスを維持することは日本の文化を維持すること」と話した。

 シンポはSOAS日本研究センターと国際交流基金が主催。在英日本大使館の清水雄策公使(財務担当)が日本国外での消費拡大に向けた国税庁の取り組みなどを紹介した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.