天気予報を見る
 
新聞購読申込

クジラのランチはいかが、和歌山/新メニュー提供、観光客呼び込み

2019/02/19 17:07

 和歌山県新宮市の「Pizzeria koma」のクジラを使ったピザ(熊野灘捕鯨文化継承協議会提供)
 和歌山県新宮市の「Pizzeria koma」のクジラを使ったピザ(熊野灘捕鯨文化継承協議会提供)

 江戸時代に古式捕鯨が始まった和歌山県で、熊野灘沿岸の飲食店や宿泊施設がクジラを使ったランチメニュー「くじらキッチン」の提供を始めた。色とりどりの野菜やフルーツを合わせ、“インスタ映え”も意識。近年、消費が落ち込んでいるクジラを若い人々にアピールし、観光客を呼び込むのが狙いだ。

 企画したのは、県や県観光連盟などでつくる熊野灘捕鯨文化継承協議会(和歌山市)。昨秋、「20〜30代の女性が食べたくなるランチ」をテーマに参加店を募集。捕鯨文化が息づく新宮市、那智勝浦町、太地町、串本町から6店が参加、新メニューを完成させた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.