天気予報を見る
 
新聞購読申込

葛飾北斎がモスクワの高層住宅に/壁面に描かれ売れ行き好調

2019/02/19 15:04

 モスクワ南部に建設された葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が壁面に描かれた高層集合住宅=2018年秋に撮影(エタロン・グループ提供、共同)
 モスクワ南部に建設された葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が壁面に描かれた高層集合住宅=2018年秋に撮影(エタロン・グループ提供、共同)

 【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワ南部に江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が壁面に大きく描かれた高層住宅が完成した。住宅開発会社によると、計6棟の1500戸のうち約1450戸は売却済みと「売れ行きは好調」で3月に入居が始まる。

 開発会社「エタロン・グループ」によると、6棟は31階建てで「東京タワー」と称された集合住宅。昨年12月に建設が終了した。ロシアの住宅で絵画が壁面デザインに採用されるのは珍しく、同社は「日本文化の象徴で、ロシアを含む世界で人気も知名度もあるからだ」と北斎作品を選んだ理由を説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.