天気予報を見る
 
新聞購読申込

奈良のシカでけが、最多/5年で4倍、8割外国人

2019/02/19 05:58

 奈良公園で国の天然記念物「奈良のシカ」と触れ合う観光客=奈良市
 奈良公園で国の天然記念物「奈良のシカ」と触れ合う観光客=奈良市

 奈良公園(奈良市)に生息する国の天然記念物「奈良のシカ」にかまれるなどの被害が、2018年度は今年1月末時点で200件と過去最多になり、5年前から4倍に増えたことが19日、奈良県の調べで分かった。

 けが人の約8割を中国人などの外国人が占めた。鹿せんべいを与える際に写真を撮ろうとして、じらされたシカが攻撃的になることが要因とみられる。集計を始めた13年度は全体で50件だった。日本人の被害件数は横ばいだが、外国人の被害増加が目立つ。

 県は昨年4月、鹿せんべいを与える際の注意点を英語、中国語、日本語で書いた看板を公園と周辺のせんべい販売所に設置した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.