天気予報を見る
 
新聞購読申込

フェリーにETC導入へ実証実験/青森、実用化なら全国初

2019/02/18 16:33

 フェリーの車両積載口付近に設置されたETCのセンサー(手前右)=4日、青森県八戸市の八戸港
 フェリーの車両積載口付近に設置されたETCのセンサー(手前右)=4日、青森県八戸市の八戸港

 川崎近海汽船(東京都千代田区)は、同社が運航する青森県八戸市から北海道苫小牧市に向かう「シルバーフェリー」で、乗船手続きに自動料金収受システム(ETC)を活用する実証実験を3月に実施する。乗船前の窓口での手続きが大幅に簡略化され、国土交通省によると実用化できれば全国初とみられる。

 実験は八戸港(八戸市)を利用する特定のトラック業者を対象に、数週間行う。ETCのセンサーを、フェリーターミナルの入り口とフェリーの車両積載口付近に設置し、車両のナンバーなどを読み取る。運賃は事後に決済する。

 実用化の段階では、決済にもETCを活用する計画だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.