天気予報を見る
 
新聞購読申込

JR羽田空港新線のアセス着手へ/29年完成見込み「東山手」から

2019/02/15 19:33

 記者会見するJR東日本の深沢祐二社長=15日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ
 記者会見するJR東日本の深沢祐二社長=15日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ

 JR東日本の深沢祐二社長は15日、羽田空港と東京都心を結ぶ新路線「羽田空港アクセス線」に関し、5〜6月に、東京駅方面とつなぐ「東山手ルート」の環境影響評価(アセスメント)に着手すると明らかにした。自社の貨物線を転用する港区の田町駅付近から品川区の東京貨物ターミナル付近までの約7・4キロと、同ターミナルから羽田空港につくる新駅までのトンネル約5・0キロが対象。アセスに3年、建設に7年かかり、2029年ごろの完成を見込んでいる。

 JR東は、子会社の東京モノレールを除き、羽田への路線を持っておらず、需要拡大が見込まれる路線構築は長年の経営課題となってきた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.