天気予報を見る
 
新聞購読申込

スナメリ赤ちゃんお披露目、広島/宮島水族館

2019/01/24 10:52

 宮島水族館で報道陣にお披露目されたスナメリの赤ちゃん=24日午前、広島県廿日市市
 宮島水族館で報道陣にお披露目されたスナメリの赤ちゃん=24日午前、広島県廿日市市

 広島県廿日市市の宮島水族館で、昨年6月に生まれた小型イルカのスナメリの赤ちゃんが24日、報道陣にお披露目された。母親のそばで元気に泳ぎ、水族館の職員が差し出した餌のアジに飛び付いていた。

 水族館によると、赤ちゃんは雄で現在の体長は100センチ(推定)、名前は決まっていない。2012年3月から繁殖のため借りていた鳥羽水族館(三重県)の雄「ゴウ」と宮島水族館で生まれ育った雌「コハル」の間に生まれた。春休みシーズンに一般公開し、名前を募集する予定。

 ゴウは昨年3月に鳥羽水族館に戻ったが、宮島水族館には同じカップルから生まれた姉の「チハル」(2歳)もいる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.