天気予報を見る
 
新聞購読申込

法科大学院9校が配分率110%/19年度補助金、南山大は5%

2019/01/23 17:00

 文部科学省は23日、法科大学院34校に2019年度に支給する補助金の配分率を公表した。司法試験合格率や各校の教育内容によって増減する仕組みで、東大や京大など9校が最も高い110%となった。一方、南山大は5%だった。

 法科大学院の補助金の配分は、国立大への運営費交付金や私学助成の中での教員給与相当額などを調整して行う。

 具体的には、過去の司法試験合格率などを基に、補助金の基礎額算定率を90%、80%、70%、60%、0%の5段階に分類。これに各校の教育に関する取り組み状況などに応じて最大50%まで加算できる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.