天気予報を見る
 
新聞購読申込

羽田空港で自動運転バス実験/航空機のそばでも安全走行

2019/01/22 18:02

 羽田空港の制限区域を走る自動運転バス=22日午後
 羽田空港の制限区域を走る自動運転バス=22日午後

 全日空やソフトバンクグループのSBドライブなどは22日、羽田空港の制限区域で、自動運転バスの実証実験を公開した。搭乗橋などにさえぎられ、衛星利用測位システム(GPS)の電波が受信できないケースや、航空機のエンジンから出る高温、高圧の排ガスを避けるために一時停止が必要な場合など、制限区域でも安全な走行ができるか確認する狙い。

 22日の実験では、第2ターミナルビルの本館と別館「サテライト」の間の約600メートルをバスが往復した。GPS電波が捉えられないとの想定で、路上に埋め込んだ磁気マーカーをバス側のセンサーが読み取って走行するなどした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.