天気予報を見る
 
新聞購読申込

センター初日、45人再試験対象/平成最後、元号も出題

2019/01/19 23:20

 受験生にリスニング用の機器を配布する担当者=19日午後、東京都文京区の東京大学(代表撮影)
 受験生にリスニング用の機器を配布する担当者=19日午後、東京都文京区の東京大学(代表撮影)

 大学入試センター試験は19日午後、国語と外国語のほか、英語のリスニング試験を実施し、初日の全日程を終えた。係員の対応ミスのほか、正規の試験時間を確保できなかったケースがあり、4会場の計45人が再試験対象となった。交通機関の乱れなどで、複数の会場で一部受験生の試験時間を繰り下げた。平成最後のセンター試験には、元号や平成に起きた出来事を問う出題もあった。

 首都大学東京の会場では、19日午前の地理歴史・公民を2科目受験で登録していた1人に係員が明確な指示をしなかったため、1科目受験の控室にとどまっていたことが、試験開始後に発覚。この受験生は再試験を希望した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.