天気予報を見る
 
新聞購読申込

枯れ葉剤被害のドクさんが飲食店/日本風、ベトナム・ホーチミン

2019/01/19 15:40

 ベトナム南部ホーチミンに開店した日本風飲食店とドクさん=12日(共同)
 ベトナム南部ホーチミンに開店した日本風飲食店とドクさん=12日(共同)

 ベトナム戦争で米軍が散布した枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさん(37)が、南部ホーチミンに日本風の飲食店を開いた。店名は「Duc Nihon(ドク ニホン)」。日本からの旅行客が訪れる名所になりつつある。

 1月6日に開店。着物を着た女の子が描かれたガラス戸を引くと、招き猫やだるまが出迎える。

 ドクさんは、兄ベトさん=2007年に死去=との分離手術を支援した日本を40回以上訪問、枯れ葉剤被害などを説明してきた。日本から訪ねてくる人も多く「交流の拠点をつくりたい」と店を開いた。(ホーチミン共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.