天気予報を見る
 
新聞購読申込

新種の白いエビ世界初展示、福島/いわき市の水族館

2019/01/18 16:39

 世界初の展示が始まった、新種の白いエビ「シラユキモロトゲエビ」=18日、福島県いわき市のアクアマリンふくしま
 世界初の展示が始まった、新種の白いエビ「シラユキモロトゲエビ」=18日、福島県いわき市のアクアマリンふくしま

 福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしまは18日、新種の白いエビ「シラユキモロトゲエビ」の展示を始めた。16日に新種と公表されたばかりで、世界で初展示という。

 同館が昨夏、北海道羅臼沖の水深500〜800メートルで採集。高級すしネタとして知られるラウスブドウエビの仲間で、透き通るような白い体が特徴。約15センチの成体3匹を展示している。

 2014年の初採集後、千葉県立中央博物館と同館が研究を進めていた。名前は羅臼町の小学生が考えた「白雪姫エビ」にちなんだ。

 飼育員の松崎浩二さん(44)は「生きた新種の展示は珍しい。見に来てください」とPRしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.