天気予報を見る
 
新聞購読申込

小豆がゆで豊作占う神事、和歌山/隅田八幡神社で「管祭」

2019/01/15 17:40

 国宝の銅鏡「人物画像鏡」を所蔵することで知られる和歌山県橋本市の隅田八幡神社で15日、小豆がゆで今年の稲作の豊凶を占う神事「管祭」があり、わせとおくてが豊作と出た。

 午前5時すぎ、本殿前に設置した釜に宮司が米1升と小豆5合を入れて小豆がゆを炊き、それぞれにわせ、なかて、おくての印が付いた竹筒を沈めた。約10分後に取り出し、米と小豆の入り具合を見て占った。米が多かった筒の品種がその年に豊作になるとされる。

 江戸時代中期から伝わる小正月の伝統行事。終了後、参拝者らには温かい小豆がゆと甘酒が振る舞われた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.