天気予報を見る
 
新聞購読申込

特大の茶わんで新春の一服、奈良/西大寺「大茶盛り」の初釜

2019/01/15 11:39

 大きな茶わんで抹茶を味わう参加者=15日午前、奈良市の西大寺
 大きな茶わんで抹茶を味わう参加者=15日午前、奈良市の西大寺

 奈良市の西大寺で15日、顔がすっぽり隠れるほどの大きな茶わんで抹茶を味わう「大茶盛り」の初釜が開かれた。

 参加者は、直径30〜40センチ、重さ5キロ前後の茶わんを持つと「重い」と驚いた様子。1人で持てず、隣の人に支えてもらって慎重に飲む人もいた。

 鎌倉時代に寺を復興させた高僧・叡尊が、当時は薬として高級品だったお茶を丼や水鉢で民衆に分け与えたのが始まりとされる。750年以上続く伝統の行事。

 奈良県大和郡山市の事務職員奥奈美さん(31)は「茶わんに顔がはまってしまいそうだった。今年を何事もなく平穏に過ごせたら」と新年への期待を込めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.