天気予報を見る
 
新聞購読申込

宮崎特産キンカンを初出荷/甘みが強い「たまたま」

2019/01/15 09:51

 出荷が始まった完熟キンカン「たまたま」を、宮崎県のマスコットキャラクター「みやざき犬」とアピールする女性=15日午前、宮崎市中央卸売市場
 出荷が始まった完熟キンカン「たまたま」を、宮崎県のマスコットキャラクター「みやざき犬」とアピールする女性=15日午前、宮崎市中央卸売市場

 キンカン生産量が全国一を誇る宮崎県の特産ブランド、完熟キンカン「たまたま」の出荷が15日、始まった。甘みが強く、生で皮ごと食べられる。2月中旬に出荷のピークを迎え、3月末まで楽しめる。生産者は「温暖で例年より実が大ぶり。ビタミン豊富で風邪予防にもおすすめ」とアピールしている。

 宮崎市中央卸売市場で15日に実施された初競りは、1キロ当たり最高5万円の高値が付き、盛り上がりを見せた。

 「たまたま」として出荷されるキンカンは樹上で210日以上熟成させ、直径2・8センチ、糖度16度を上回るのが条件。今季からは食品表示法に基づく「栄養機能食品」として販売する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.