天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都・三十三間堂で「通し矢」/晴れ着の新成人腕前競う

2019/01/13 11:09

 弓の伝統競技「通し矢」に由来する大的全国大会で、矢を放つ新成人たち=13日午前、京都市の三十三間堂
 弓の伝統競技「通し矢」に由来する大的全国大会で、矢を放つ新成人たち=13日午前、京都市の三十三間堂

 京都市東山区の三十三間堂で13日、弓の伝統競技「通し矢」に由来し、新成人が腕前を競い合う大的全国大会が開かれた。寒空の下、振り袖にはかま姿の女性や道着姿の男性ら約1600人が、約60メートル先の的を狙って次々と矢を放った。

 山口県岩国市出身の女子大生(19)は「弓道をやっていた母の着物を借りて参加した。これまで育ててくれたことに感謝し、新成人として頑張りたい」と話した。

 京都府弓道連盟によると、通し矢は江戸時代に盛んになり、武士が本堂の長さ約120メートルの軒下で、一昼夜で射通した矢の数を競った。大的全国大会は新成人に参加資格があり、一般の部もある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.