天気予報を見る
 
新聞購読申込

マグロ最高値に「桁間違いでは」/大間の漁師晴れやか

2019/01/05 10:56

 豊洲市場の初競りで3億3360万円の最高値を付けたクロマグロを釣った藤枝亮一さん(左)=4日早朝、青森県大間町(藤枝さん提供)
 豊洲市場の初競りで3億3360万円の最高値を付けたクロマグロを釣った藤枝亮一さん(左)=4日早朝、青森県大間町(藤枝さん提供)

 豊洲市場の初競りで3億3360万円の最高値を付けた278キロのクロマグロを釣った青森県大間町の漁師藤枝亮一さん(64)は5日、自宅で取材に応じ「地元の仲卸業者からの電話で落札を知らされたが、額が大きくて桁が間違ってるんじゃないかと思った。まだ実感が湧かない」と晴れやかに語った。

 藤枝さんは漁師歴19年で、マグロ一本釣り漁船「第28光明丸」の船長。今回のマグロは竜飛崎沖の津軽海峡で4日午前4時20分ごろに釣った。「海の底に針がかかったような重さだった」と振り返る。

 「命がけで漁に出て、苦労して釣ったマグロなので大事に味わってほしい」と笑った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.